アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

次期監督の視察試合。
選手たちの気合を感じたキックオフからの2分までは・・・・

ギュンの仕掛けからのシュートが相手に当たりCK
チアゴのCKは西川に取られるけど、そのフィードを
大が拾ってクロス、それを武蔵がファーでヘディングがゴールネットの吸い込まれました

さぁ今日はいけるとおもったその後・・・
目を覚ました浦和がすぐさま反撃。
武藤、興梠のゴールはほぼ同じ形でやられたけなんかオフサイドぽかったなぁ~

ここで、アルビの選手たちの集中が切れて
前半はほぼ浦和のワンサイドゲーム。

後半も最初は浦和ペースだったけど、
柏木がピッチを後にしてアルビも成岡が入ったら
前を向けるようになったけど、ゴールネットを揺らすことはなく
大敗・・・
浦和のゴールもオフサイドぽいのがあって
そこで、集中力がきれたのかなぁ

で、ちょっと疑問に思ったのがゴール裏のチャント
武蔵がゴール決めた後もpride of NIIGATA
そこは武蔵のチャントで選手を称えたほうがいいんじゃない?
せっかくチャントがあるんだからね

サッカーって時計がアウト・オブ・プレーじゃなきゃ
プレーは止まらない競技だからリスタートしたらもう次のプレーに
変わるんだからいいプレーにはダイレクトに反応したほうがいいんじゃないのかな?

後半の長回しはスタジアムを一体にしてくだらない野次も
かき消すことが出来たと思うけど、
いいプレーにはすぐに賞賛することで
スタジアムのボルテージも上がると個人的には思います。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://703103.blog.fc2.com/tb.php/870-491be4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック