FC2ブログ
 アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2015/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2015/12

2015年のj1リーグはサンフレッチェ広島の
年間1位が確定しました。
これで、浦和レッズとガンバ大阪の勝者と
チャンピオンシップを戦い、今シーズンの優勝チームが
決まるようです。

これってやっぱり変なシステムですね。

仮にガンバ大阪が浦和、広島を破り優勝しても
違和感しか残りませんね。

今日、J2、J3と白熱した戦いが行われました。

まず、J3の優勝争いはレノファ山口と町田ゼルビア。
レノファ山口はガイナレーレ鳥取と
町田ゼルビアは長野パルセイロとの試合。

レノファは鳥取に先制を許し、追加点を決められて
レノファの大ピンチ

そのころ町田はパルセイロに先制されて
厳しい試合展開。
しかし、その後追いつき、
1-1のドローで試合終了。

ここで、山口が敗退の誤報で一瞬喜んだ
ゼルビアでしたが、なんとATの最後にレノファが追いつき
J3優勝、J2への自動昇格を果たしました。

そして、J2はジュビロ磐田とアビスパ福岡の自動昇格争い。
勝ち点では並んでいるけど、得失点でジュビロがやや有利だったのかな。
福岡は勝利で尚且つジュビロの引き分け以下が条件でした。

福岡の相手はFC岐阜。
先制は城後のゴールで福岡、
ジュビロは大分の守備をなかなか崩すことができませんでした。

しかし、後半にジュビロ先制の知らせが届きました。
それでも勝利をあきらめない福岡でしたが、
レオミネイロに同点ゴールを決められます。

福岡のあきらめない姿勢がその後に爆発します。
ウエリントン、城後、ウエリントンと連続ゴールで
4得点!
これでこの試合の勝利は決まったようですね。

一方、ジュビロは90分に大分、パウリーニョのゴールで
追いつかれますが、その1分後、小林 祐希がゴールを決めて勝利を
ものにしました。

こんなドラマチックな展開はやっぱり面白いですね。
この結果、J2の入れ替え戦は大分vs町田に決まりました。

このドランチックな展開はやはりシーズンを通して戦った結果じゃないでしょうか。
当該サポじゃない方々もその結果の行方に一喜一憂したみたいです。

やっぱり、年間を通して結果を出す方が面白いと再確認できました。

鳥取で見ていた村井チェアマンはどう感じたんでしょうか?

これを金儲けにしようとかんがえたのかな?


最後の試合も、今シーズンのアルビでしたね。

得点者はアルビの選手のみ

前半の入りはよくプレスも効いていたようでしたが、
柏の22番の粗いプレーに舞行龍の集中が切れかかって
そこでの失点(O.G)。

今シーズンのミスからの失点って
舞行龍が絡んでいることが多かったように思えます。
もっとメンタルを鍛えてほしいですね。

しかし、ヤンツー監督へ最後の恩返しをしたい
アルビの選手たちのひたむきなプレーが
指宿のPKで表します。
ってあれ決定機阻止でレッドカードじゃね?

そのPKを指宿自ら決めて同点!

その後のレイソルの猛攻をしのぎ、
ドローで試合終了。

試合後、ゴール裏は康裕、優平コール。
来期も残ってほしいなぁ

さらに、ヤンツー監督がサプライズで登場、
柳下コールコールに応えるヤンツー監督。

2012年の苦しいシーズン途中から指揮を取って、
アルビのサッカーに変化をも四ツーたらして、
また、違ったサッカーを楽しむことができました。
本当にご苦労様でした。

さて、ヤンツー監督の後任は誰なんだろう?
スポーツ新聞の情報には数名の名前が挙がっているけど、
アルビのフロントはもっと斜め上を行っていそうですね。






マツケンが怪我明けからU-22の代表復帰を果たしました

が、今回召集されたのは16名の精鋭。
つーか、CSやJ2の入れ替え戦の最中にチームを
離れならないでしょう。
所属クラブがあってそこで結果を出しての代表召集ですよね。

そのクラブ事情を考えていない代表のカレンダーと
協会との調整がうまくいっていないJリーグ露呈した
結果ですね。

Jリーグは今シーズンの結果をまだ検証できず、さらに出鱈目な
スケジュールを来期に考えているようですね。

もう、結果は分かっているけど、広告代理店主導に
なり下がったのかな?
いま、スポーツ観戦をしている方々はトレンドなんか関係なく
自分が面白いとおもったら観戦する時代ですね。

これが流行っているから見ようって方は少なくなっているんじゃないでしょうか?

そこを博○堂のOBなんか分っていないようですね
Z○Pの金曜日を観ていると・・・

色々な問題を抱えているけど
先人がやってきたことを検証しないで
やってみたら失敗したのが目に見えていますね。

結局、トップハンティングでその場を凌いで、
本質を変えられなかった方がチェアマンにいるのがそもそもの
問題だね。

変革は必要だが、構築したものを全否定じゃ
いい方向には向かわないよね。






昨日の今日でもう全国大会の組み合わせ抽選会。

いろいろ思うことがあるけど、これに関しては
後でコメントしたいと思います。

昨日は新潟県だけではなく、あちこちで
選手権の決勝戦が行われていたようですね。
茨城、埼玉、千葉、静岡、山口、広島、徳島、福岡、長崎、大分、宮崎
かな?(もれていたらゴメン)
さらに14日もあわせるとほとんどの地域になるんじゃないかな。

その慌ただしいなか、全国大会の組み合わせ抽選会が行われました。

第94回全国高校サッカー選手権大会組み合わせ

新潟明訓高校の初戦は、沖縄県代表・那覇西高校。
これは、2004年の北越高校の時とおんなじですね。
この時はは駒場スタジアムでまさかの雪上サッカーでしたね。
天候には文句をつけられないけど、
選手のモチベーションが違うよね。
(これは雪国で過ごさないとわからない感覚ですが)
今回は、フクアリ、まさか雪は降らないよね?

なんか、新潟代表の対戦相手、同じところが多くないかな?
夏の甲子園でも同じことがいえるけど・・・






雨の降る中、冬の風物詩・高校サッカー選手権新潟県代表を
決める決勝戦に行ってきました。

決勝に駒を進めたのは
新潟明訓高等と帝京長岡高校。
いずれも新潟県を代表する強豪ですね。

キックオフから明訓高校は素早いプレスをかけて
帝京長岡の攻撃を摘み取っていましたが、
前半、CKから帝京長岡、高野君のゴールで先制して、
流れを引き込みますが、前半は0-1でハームタイムへ

後半に入って明訓高校が攻撃に厚みをもって、
43分にCKから苅部くんが頭で合わせて同点!
さらにその10分後、CKから明訓、中村君が
合わせたボールは帝京長岡のGKの手を掠め
追加点!!

しかし、帝京長岡の必死の攻撃。
73分に小林君が同点ゴールで追いつき
ゲームを面白くしてくれます。

2-2のまま後半、44分に明訓高校がゴールネットを
揺らしますが、これはオフサイドの判定。
あれ、オフサイドかな?
ただ、これで気持ちが折れなかった明訓高校は
ATに本当のゴールを田辺君が押し込み
劇的な勝利で16年ぶりの新潟県代表となりました。

明日、全国大会の組み合わせ抽選会が行われます。
過去の大会のベスト8を超えるように、
頑張ってほしいですね。









すげーな、やっぱりKINNGだね。
KING・カズ契約更新!

サッカーが大好きで、サッカーを楽しむためにストイックに
練習するKING。
本当に頭が下がります。

その昔、ゴン中山に
「カズさん、いつまで現役続けるの?」
って聞かれたとき
「ん~還暦までかな(笑)」って
言ったそうですが、
本当にやりそうだw

もうこれは決定事項だから、
続投を希望しても覆ることもない事実ですね。

ヤンツー監督契約満了

マスコミ先行で、いろいろな情報が出てきて、
いたたまれなくなった方々がクラブに問い合わせたのかな?

オフィシャルの八票がまさか今頃出ることにちょっと違和感を
感じています。

今シーズン、ステージ制で1st、2ndと最終節がアウェイと
まだ11月上旬なのにリーグが終わるという違和感。

そこに輪をかけたように噴出した監督の交代報道。

今までは地方クラブでマスゴミの目に留まらなかったけど、
代表選手が出るようになると、クラブの緘口令も
なかなか守れない方もいるんでしょうね。

正直、堅固の移籍もフィクサーが仕組んだように思ってますよ。
happyのプロモのあとの報道でしたからね。

しかし、チームとヤンツーさんの話し合いで決まったことですよね。
いまよりのアルビがスッテプアップする段階にいるとおもっています。

2年前の低迷期に
「アルビレックスを駄目にしてはいけない」
とシーズン途中で監督を引き受け、
奇跡の残留を果たし(最終節は指揮してないけどw)
その翌年は7位と躍進し、今年はナビスコで
ベスト4進出(リーグ戦は・・)
今シーズンの不調も一概に監督の責任にはできないですよね。

ただ、アルビがさらに上を目指すにはもっと棘の道を突き進まないといけない
段階にいることも事実ですね。

来期の監督が誰になるかはまだ決定していないけど、
今年のチームをベースはしないだろうから、なおさら厳しい
ことは覚悟しないといけないですね。

まだ、リーグが終わっていないので、最後の言葉は
リーグが終わってからですね。

今年は本当のアウェイの最終節、勝利を目指してほしいです。







なんか今シーズンを象徴する内容で
0-2で完敗

負けた試合はいつも同じ内容で、
選手達の意思疎通が出来ていないのが
如実に現れていましたね。

昨日はさらに怪我や累積で出れない選手に
代わって入った選手が
やはり試合勘が戻っていない様でしたね。

ほんとに昨日のアルビはマイボールになってから、
落ち着いてボールが捌けなかったですね。

しかし、アルビには見えない力があるんですね。

ノエスタで行われていた
ヴィッセル神戸-松本山雅の試合。

先制は松本でしたが、後半85分に同点に追いつかれ、
さらにはATの3分代にペドロジュニオールが逆転の
ゴールを決めて、神戸の勝利

有難う神戸、有難うペドロ。

他力本願でなんとか残留したアルビ。
来シーズンはもっと上の順位を目指そうぜ。

あっ、まだ今シーズン終わってね~やw







ステージ制のおかげで11月早々にホーム最終節。
誰得なんだよSCって・・・・

浦和にしても広島にしても、さらにどこが
でるかわからん、2位、3位。
まぁアルビじゃないことには変わりはないけど( ノД`)シクシク…

まず、ステージ制にしたところで、最初の物珍しさで
マスコミも取り上げたけど、それ以上の営業努力が
Jリーグの事務局からの働きが表立ってみえないから
色物的にマスコミが取り上げたんじゃないか?

さらにスケジュールが従来よりも過密になったことは
だれよりもサポーターの皆さんが感じたんじゃないでしょうか?

しかし、これを検証するどころか来期は2月開幕の11月閉幕という噂。

この狂った暴走をどうしたら止められるんでしょうか。

毎年、楽しみにしていた仙台でのチャリティーマッチも今年は
日程の余波で開催されないみたいですね。

新規のスポンサー等の獲得云々でステージ制を採用したみたいなことを
当初、言っていたようですが効果があったんですかねぇ・・









昨日のナビスコカップの決勝戦。
試合終始、鹿島のペースで進んで、
防戦一方のガンバでしたね。

ガンバの選手たちが完全に受け手にまわり
鹿島の選手に翻弄されていました。

鹿島もガンバの核のとなるパトリックに対して
執拗なマークで自由にさせませんでした。

そこの差が後半に出ましたね。

けど、試合後の
監督が名指しで言っちゃいけないな

完全な誤審があった訳じゃないのに、
名指しで責任転嫁。
それ以前にガンバの選手に勝ちに行く姿勢がなかったんだけどねぇ

けど、ここで名前が挙がるってことはすくなくとも
長谷川健太監督にはいい印象がないんでしょうね。

審判のリスペクトのワッペンが泣いているね。