FC2ブログ
 アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2014/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2014/11

日曜に鳥屋野球技場で行われた
高校サッカー選手権新潟県大会の3回戦を観戦してきました。

3回戦からシード校の登場で、拮抗した試合が
楽しめると思っていました。

俺が見た試合でシード校に対する相手のチームは、
しっかりとした守備からゴールを死守し、
セットプレーで2得点。
そしてタイムアップの笛・・・
応援席では「○○高校(シード校)勝った~!!」
と喜びを爆発させていました。

対するシード校の選手たちは、ピッチに蹲り号泣していました。
その中で、そのチームのキャプテン君は一人一人、肩を抱き、
慰めていました。
本当は一番泣きたいのは彼だと思うんですが、気丈に振る舞い、
保護者への挨拶に笑顔を見せていました。
本当のキャプテンシーのある子だなぁと感じました。

高校でのサッカー生活は終止符を打ちましたが、
その人間性は将来、必ず役に立つんではないでしょうか。

家の坊主達にも見習ってほしいですね。







ベストアメニティスタジアムへ駆けつけた
アルビサポの皆さん、お疲れ様でした。

指宿、達也で勝利!
最初の池田のシュートを止めたのが大きかったですね。

前節,前々節と下位チームとの試合で
ドロー、負けと優しさを発動したアルビですが、
今日は現在5位と上位にいるチームが相手。
まさに中位力が発揮出来ましたw

指宿、達也ともDFのギャップを巧く付いて
冷静に決めたゴールでしたね。
この勝利を次の鹿島戦に繋げたいですね。






昨日、日本平に駆け付けたアルビサポの皆様
お疲れ様でした。風邪引いていませんか?

目下残留争いに巻き込まれている清水に引導を
渡したかったのですが・・・
2-1で惜敗・・・

試合展開は両チームとも攻守の切り替えが早く、
見ている分には面白かったんですが、
ちょっと不可解なジャッジにやられた感じがしますね。
最後のあれはCKだろ!

これで対清水との連勝がストップして、
本来のオレンジ互助会の役目が果たせましたw

ただ、清水は降格ラインから抜け出たようですが、
甲府との勝ち点差は1しかないんですね。
せっかくの勝利が焼け石に水にならないように
頑張ってね






上杉謙信が武田信玄に塩を送ったことは
有名な逸話ですね。
そこから、
『敵に塩を送る』って言葉が出来たようです。

で、平成の川中島の合戦
0-0のドロー

がっちり守備を固める甲府に対して、
攻めあぐねるいつもの展開。
シュート1本って所も気になりますね。

引いている守備にはミドルシュートで守備を
前に引きずり出すのもセオりーとしてあるんですが、
崩しきってシュートってイメージがあるのかな?

歴史的にも決着が着かなかった川中島の合戦。
そろそろ決着着けようぜ、越後の大勝で





昨日、NHKBSで放送された
この番組

フットサル日本代表監督の
ミゲル・ロドリゴ氏が少年サッカーのコーチをして
そのチームの子供達に今までとは違う何かが芽生え、
プレーする喜びを教えてくれる内容でした。

これは子供達より、そのチームのコーチや監督、
保護者にも目から鱗が落ちる教え方でしたね。

取材先のチームの練習はごく一般的なチームでしたが、
今、ほとんどの少年サッカーの教え方で、
コーチの教えに従った練習内容でしたが、
ミゲル氏の
「子供達に考えさせる」教え方や
リスクを回避するのではなく、リスクから学ぶトレーニングで
子供達に自信を付けされるメニューでいままで、自信がなかった子が
伸び伸びとプレーしたり、自信過剰な子がチームプレーに目覚めたりと
本当に素晴らしい内容でした。
これ、俺がコーチやっているときに見たかったなぁw

最後には保護者からの教育相談にも応じてくれた、ミゲル氏は
保護者にも考えさせるようなアドバイスを送っていましたね。

ミゲル氏のコーチングが素晴らしいのでこれから協会の
コーチングスタッフとして全国行脚してもらいたいですね。

そうすれば、怒鳴りつけるような監督やコーチの立場がなくなって
サッカー好きな子供達がもっと増えると思えますね。

NHKさん、再放送をお願いします







昨日、次男坊の通っている高校が所属している
新潟県ユースサッカーリーグ N3の
順位決定戦に行ってきました。

坊主は最近ベンチに入れるようになったんですが、
なかなか試合に出ることは厳しいみたいでした。
(まぁ1年生だしね)

しかし、遂に公式戦デビューを果たしました
試合は2-0と負けていて、まさかとは思ったんですが、
のこり10分位でまさかのCBの交代
本人曰く
「緊張して何も出来なかった」と言ってたけど、
まずは経験を積まないとな。

これからもっと努力して少しでもトップチームに近づけるように
頑張れよ
親バカの話でした。






2年ぶりにビッグスワンで開催されたキリンチャレンジカップ。
前回のUAE戦ではハーフナーのゴールで勝利していますし、
さらに4年前のUAE戦では香川の代表初ゴールも生まれている
ゲンのいいスタジアムですね(このときはドローでしたが・・)

しかし、昨日の試合で一番盛り上がったのは、
th.jpg
酒井 高徳新潟に凱旋でした!
右のSBでフル出場、何度かいいクロスも上げていましたね。

試合は前半、岡崎→本田→柴崎のパスワークから切れ込んだ
柴崎のシュート?クロス?が相手DFに当たりOGで先制

その後も再三いい形で攻撃するんですが、最後の精度がイマイチで
課題が残る試合となりましたね。
本田も自虐
(名古屋へ移籍した選手の呪いかw)

まだ、試行錯誤の段階でチームが完全に出来上がっていないようですが、
そろそろ、地盤を固めてきた方がいいんじゃないかな。

今回呼ばれた選手でも使われなかった選手もいますね、
(アルビにいた2人とか・・・)

しかし、まずはどんな形で白星が付いたことは嬉しいですね。
ちょっと心配なのは
香川 脳震盪で離脱
あの状態で後半も出ていたら今後のプレーにも差支えがあるんじゃないかな?

次はあのブラジルとの試合ですね。
臆せず真っ向勝負してほしいですね。







DSCN2990.jpg

やったね今季初の連勝
今季初の3得点

前半からエンジン全開のアルビが攻守ともに川崎を上回っていましたね。

レナトの欠場で大久保が中盤まで下りてきて、
裏を狙うのが小林 悠だけだったので守備もし易かったみたいですね。
それでも2回ほど抜かれて、レオがマツケンに発破かけてましたがw
まぁ小林 悠には10日にスワンで頑張ってもらいましょう。

先制のレオのFK。
メインで見ていると軌道がよくわかんなかったけど、
家に帰って録画みたらスゲー
あのコースへ、巻いて入って行くなんてね。
県高のボールパーソン君もそりゃガッツポーズするよね。

追加点の山本 康裕も昨年のアトムのようにデコイランや無駄走りで
動き回って、その甲斐がサッカーの神様がアルビ加入後初ゴールを
与えてくれたようですね。

そしてとどめのラファエル。
こちらも加入後初ゴール
小林 裕紀のFKから頭で合わせてのゴール。
この選手、アルビのプレースタイルに合っているよね。
前線から守備をサボらず、プレスに行って、中盤からの守備を
しっかり助けてますね。

ところで、寮生活の舞行龍は何で練習遅刻したの?
当分、干されるな 









アルビサポの皆さんならもうご存知のエルビスプレスリーの名曲
日本語訳で『好きにならずにいられない』
選手入場の時に歌い俺らの想いを届けるサポソンですね。

俺の人生を受け止めてくれって意味が込められているんだけど
その想いがフロントと溝があるのかな?
アイシテルニイガタ宣言
選手、審判団入場時にアルビレックスコールって
ゴール裏の先人たちが作ってきた思いに対して
リスペクトがない感じがするんですよね。

せめてこの歌の意味をスタジアム全体に分かるように
することがフロントがすべきことなんじゃないのかな?

これを行うってことはフロントとゴール裏の中心部が
話を煮詰めた結果と思うので、
しっかりとアルビコールしたいけど、
こんな意見もあるって事もフロントに知ってもらいたいですね。
(場末の駄ブログじゃ無理かw)






10月10日にデンカビッグスワンで開催される
キリンチャレンジカップ、ジャマイカ戦の
代表メンバー発表
ありました。

前回のメンバーから鳥栖の坂井、広島の皆川そして
アルビのマツケンが外されました

坂井や皆川は試合に出してもらえたけど、マツケンは?
呼んだ選手は全員使うって言ってなかったかな?アギーレ。
まぁ本田に話しかけることさえできなかったメンタルの弱さが
出てしまったのかなw

アジア大会で活躍したFWもアルビにゃいるんだけどなぁ

まだまだ、ベースが固まっていないみたいだから
色んな選手を試したいんでしょうね。

先ずはビッグスワンでアギーレジャパンの初勝利を上げて欲しいですね。