アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2014/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2014/04

まずはキンチョウスタジアムへ駆けつけた
アルビサポの皆さん、お疲れ様でした。

スコアレスドローで勝ち点1
実際,TV観戦では感想を書くのは
難しい試合ないようでしたが
今日の試合は守備陣の活躍が目に光りましたね。

C大阪には2010ワールドカップの得点王&MVPの
ディエゴ・フォルランやセレ女の憧れ、柿谷、南野
など、攻撃的な選手が揃っていますが、
その攻撃の起点の南野を翔さんが抑え
フォルラン、柿谷は健太郎、舞行龍が抑え
C大阪に得点を許しませんでしね。

攻撃ではレオのミドルがクロスバーに当たったり
ヒデのシュートもGKに弾かれたりで
ゴールマウスを割ることが出来ませんでした

ここで一つ心配なのがアトム。
10番を背負ったことで気負いがあるようなプレーが
今年は目立っているような気がしますね。
元々テクニックがある選手なので気持ちが空回りしている
感じが否めません。
もっとリラックスして自分のプレーを魅せてくれると
いい状態になるんじゃないかな?

次の試合はホーム、デンカビッグスワンで
名古屋戦です。
ホームではしっかりと勝ち星を取り
決勝トーナメントから頂点を目指して
頑張って欲しいですね。

そのためにも、声を枯らして精一杯サポートいたしましょう

名古屋は貴章がでるのかな?







清武ってっエーカッコシー
(この言葉知っている人は年配の方ですねw)

フェアプレーに賞賛の声
どうなんだろう?
これって、チームにとって有利な判定じゃないのかな。
ただ、DFに負担を掛けるのがやばいチームには
ゴールキックから始めて守備の意識を高めるって
意味もあるよね←捻くれ者の考えですww

本当はこの清武の行為はとても素晴らしいものですよね。
純粋にサッカーで勝負することが第一にあるとおもいます。
諺にも「情けは人のためならず」ってあるように、
自分が正しいことは判定を覆すことがあるんですね。
その後のブレーメンのハントの対応が物語っていますね。

サッカーではマリーシアで相手を出し抜くことも必要と
されていますが、フェアプレーはそれを上回っていることが
証明されましたね。

前節でG大阪vs広島のあのN村F主審がPKとって
ガンバサポが唖然としたり(あれでPKは無いよな)
マスゴミが報道の本質を忘れてネタ騒ぎに走った
浦和vs清水では李のタックルがノーファールだったり
(ラグビーでもファールで相手ボールのスクラムだな)

前節の鳥栖戦で安田が取った行為はスポーツマンとして
如何なものかなっておもいました。
(ファールを受けてボールを持って言った行為ね)

ただ、それに負けないハードワークでアルビが勝ちを
なんとか拾って勝利したね。

明日はその清武が所属していたC大阪戦
フォルランやらセレ女やらでマスゴミを騒がれていますが
Jリーグの本質、ハードワークのサッカーで
アルビの勝利を期待しましょう







グレートサポータズサンクスデーと銘打った今日の鳥栖戦
DSCN2838.jpg
久しぶりにバックジャージみたね。
(本当は3枚並んでいるのが見たいけど)

遂に今期ホーム初勝利
1-0での辛勝
内容は決して良いとは言えませんでしたね。

鳥栖は中盤でのレオを潰しにかかり、中盤でかなり手を
焼きましたね。
サイドでも安田のオーバーラップからチャンスを
作られていました。

アルビも前半の攻撃ではヒデのミドルシュートなどで
鳥栖ゴールを狙いますがGK林が好セーブで
ゴールラインを割ることが出来ませんでしたね。

前半30分に堅碁からレオそして武蔵のシュートがDF当たり
そのこぼれ球をレオが胸トラップからのシュートが
ゴール左に決まりアルビ先制

その後、鳥栖が猛攻を仕掛けますが
アルビが1点リードで前半を折り返します。

後半はほぼ鳥栖のゲームでしたが拙攻に助けられたのも
否めませんね。
豊田のシュートがポストの内側に当たったり、
守田が落としたボールに交代で入った早坂が無人のゴールに
シュートを浮かしたりでなんとか鳥栖にゴールラインを
割らすことが出来なかったりで、ドタバタ感がありましたが
その選手達が決められなかったのは、昨日のオムライス作戦が
成功したのかな?

けど、ヤンツーさんは総統閣下並みにオカンムりで
試合後のインタビューでも怒りオーラが全開で梅山氏も
ビビッていましたね。
ここで、欠点が出たことで次の試合に向けての一層のトレーニングを
積んで、次のC大阪戦に望んでもらいたいですね。

この試合で翔さんの半端無いステルスが発動してしまったのが
残念です・・・

しかし、勝ち点3を取れたことは良いことなので
さらに密度の高い試合を制してアジアの頂点を目指しましょう






明日、アルビレックス新潟はデンカビッグスワンで
今シーズンの2戦目、サガン鳥栖を迎え入れます。
ナビスコカップで徳島に勝利し、その勢いをもって
明日に挑みたいですね。

そこで、今年もやりますこの企画。
DSCN2834.jpg DSCN2833.jpg

DSCN2835.jpg DSCN2836.jpg
で中身は勿論、鳥にちなんでチキンライスw
でおかずはDSCN2832.jpg
鳥と大根の煮物これで万全

鳥栖さんは前節、浦和に0-1と勝利しましたが、
その試合は豊田のゴールより横断幕がクローズアップされ、
試合がどうなったのかが報道されませんでしたね。
ここが、日本でのサッカーに対するジャーナリズムが
出来上がっていないことが浮き彫りでしたね。

確かにあの横断幕は許されることではないので
今はしょうがないのかなぁ

明日はそんな問題がおきる事も無くただ純粋にサッカーを
楽しんで、アルビの勝利を願いましょう
だって、ネコ型ロボットの道具を使わなきゃ飛べない
選手に堅碁が負けるわけ無いじゃんww

ところで、
bnr_kikuchi_130218.jpg
これってまだやってんの?








 

いよいよ今日からナビスコカップが始まりました。

アルビはアウェイ、ポカリスウェットスタジアムで
四国初のJ1チーム、徳島ヴォルティスとの対戦となりました。

アルビのスタメンには今期初スタメンの武蔵、川口、本田小泉
サブにも今期初の小塚、坪内、ヤスが名を連れていあました。
一方、徳島も若手を中心としたスタメンでリーグ戦から
ガラリと変えてきました。(スタメンみるとサテライト?www)


試合は序盤、アルビは様子見でまったりとした感じが
否めませんでしたね。
しかし、アイドリングが終わったアルビは
前半16分、ジャパネットストライカー(エルゴラ談w)
鈴木 武蔵がアトムのスルーパスを受けて
ゴールマウスへ流し込先制弾
武蔵は今期初ゴール、スタメン定着を虎視眈々と
狙っていますね。
アトムのスルーもGJ
先制したアルビは本田小泉や川口も必死の
アピールでシュートを放ちます。
そして、24分、ヒデがペナルティーエリアの外から
放ったシュートが武蔵に当たってゴール。
これはヒデのゴールとなりましたね。
ヒデの今期初ゴール
そのまま前半終了。

後半に入ると、前半にイエローをもらった健太郎に代わって
坪内がピッチに入り、守りに入るかと思いきや
攻め続け、73分に大のクロスにアトムがボレーで合わせて3点目
けっ散らせのチャントがゴール裏から聞こえてきました
しかし、ここに落とし穴が・・・
川口のバックパスをどウグラスに浚われ、舞行龍が
倒してPKを与えてしまします。
これを、きっちり決められて徳島にJ1初ゴールを
献上してしまいます。この辺がアルビの甘いところですね。
結果は1-3の勝利
でしが、ヤンツーさんのコメントを聞くと
0で抑えなきゃいけない、もっと点が取れたと
不完全燃焼だったようですね。

確かにもっと点を取るチャンスがあったし、
つまらないミスで失点してしまったから
心底、喜べないでしょう。
また、チャンスを掴んだ者、逃した者も居たと
言ってましたね。
逃した方はより一層の努力でスタメンを
奪えるようにチーム内での競争で負けないように
頑張って欲しいですね。

徳島まで12時間ほどかけて駆けつけたアルビサポの方々には
本当に頭が下がります。お疲れ様でした。
この勝利を23日の鳥栖戦に繋げて
みんなで万歳したいですね。







ナビスコカップの予選リーグが明日から
始まります。

アルビはアウェイで昨年のJ2プレーオフを
制した徳島ヴォルティス
オフィシャルサイトも気合が入ってますね。

しかし、徳島はリーグ戦3戦3敗と
J1の壁をぶち破ることが出来なく
現在18位(まだ3試合だけど・・・・)

アルビの選手達も今日、鳴門海峡を渡り
四国へ入りました。

昨年のナビスコ初戦はこれまたJ2から這い上がった
大分に後出を踏み水輝のゴールで何とか
引き分けた試合でしたね。

名古屋様に続く中位力が発揮出来たんじゃないでしょうか
(それじゃ拙いだろw)

しかし、下位チームに優しいアルビも明日は心を鬼して
完膚なきまでJ1の厳しさを教えてやって欲しいものですね。

徳島には千代反田がいるからアルビの弱点も知られているかも
知れませんが、ヤンツー監督の若手やサブメンの起用も
予想されますね。今年の若手やJ2修行から戻ってきた
大や和成は以前の彼らとは1皮、2皮剥けているから
その情報も当てにはならないかもね。

平日アウェイのしかも四国じゃスタジアムへ行くことも
ままならないので、スカパー観戦ですが←アウェイは何時もだw
TVの前でオレンジ纏ってアルビの勝利を念じていますww

明日、鳴門大塚へ向かう奇特なアルビサポ様
選手の後押しお願いするすんだってばよ!







昨日の甲府戦の録画を今、見終えました
結果は
今年もドローの甲府戦
でしたね。

川中島と銘を謳われているこの試合
実際の川中島の合戦の如くなかなか
決着が着きませんね。

試合は前半、甲府ペースで進んで、
なぜかFWのラーメン屋盛田に
32分に先制点を奪れてしまいます。

後半に入ると、ハーフタイムのヤンツーの
激が利いたのか、アルビが攻勢にでて
ついに、この男がやってくれました。
今期、初ゴール
同点に追いついきます。
その後は甲府の反撃をアルビの新守護神、守田が
ゴールマウスを守りきり、勝ち点1を奪うことができました。

2月下旬に太平洋側を襲った大雪の影響で
この試合がホーム初戦となった甲府さんの
横断幕には新潟からの義援除雪へ感謝
の言葉もありました。有難う甲府サポさん。
これからも上杉、武田のような
いいライバル関係でありたいですね。







今年もアルビにとってのダービーマッチ
川中島の戦いが行われました。
昨年はホーム&アウェイでどちらもドロー
そこまで、歴史を繰り返さなくてもいいんじゃないのw

甲府さんは中銀スタジアムは降雪の影響で
この試合がホーム初戦、
開幕戦に予定されていた鹿島戦は国立開催で、
0-4の黒星、代替開催はホームチームの応援に
行けないサポもいたようですね。

中越地震の時のアルビも国立で代替え開催を
行いましたが、東京までいけないサポが
涙を飲んでいましたね。(俺もその一人ですけど)

で、試合について書こうと録画見ていたんですが
エンタの神様の録画が始まって
前半10分しか見ていませんw

明日、じっくり見て雑感を書きたいと思います。
まぁ結果はモバアルメールで知って、負けなくて
良かったかな。アウェイで追いついてドローなら
及第点ではないでしょうか。

甲斐の国へは古から塩を送ったり、今年も除雪部隊が
援軍を送ったりと気にかけているお国柄ですので
これからもいいライバル関係を築きたいですね。

上越地方では甲斐の国へ塩を送った謙信公の儀の心に因んだ
情けの塩最中という銘菓もありますね。
甲府サポさん、10月のビッグスワンへお越しの際には
お土産にいかかですか?

俺は食ったこと無いけどwww
いつか食べてみたいですね。

居酒屋で日本酒飲むときは影虎飲んでますがw







3月8日に行われたJ1リーグ第2節で
浦和サポの一部が行った行為によりJリーグから
処分が下されました。

3月23日の清水戦は無観客試合
この処分が妥当かどうかちょっと疑問に思います。

そもそもの発端は1部のお馬鹿さん達によるもので
大半のレッズサポも失望しているようですね。

この決定に一番の被害者はエスパルスの選手、サポータですよね。
これって、他サポの俺が言うのもおかしいけど、
公平性が保たれないんじゃないのかなぁ
確かに、浦和側に入場料などの収入は減り、
損害は出るだろうけど、マイチームの応援にアウェーへ駆け付ける
サポーターにも辛い思いをさせることになるんだろうけど、
それが、ひとつのチームに偏るのは如何なものかと思います。

雑な言い方ですが、この1試合だけでなく、
浦和ホームのリーグ戦全試合の夢観客なら
それも一つの方法じゃないんでしょうか。
それ位重い処分に値する行為だと思いますね。

サポーターって、選手の後押しして一緒に勝利を分かち合う
ことが第一で、そのマイチームの選手にも
悲しい思いをされる輩はサポーターとは呼べませんよね。

これを機にして、浦和だけでなく
Jリーグの各チームが素晴らしい応援で
マイチームを勝利に導いて欲しいですね。







悲報が今朝の新潟日報に出ていました。
新潟県サッカーの礎
を作り上げた、沢村 哲郎新潟県サッカー協会会長が
今月5日に帰らぬ人となりました。

俺が高校生のときはまだ新潟工業でサッカー部を
指導しており、俺はサッカー部じゃなかったんですが、
部活終了後、先輩達とバレーボールを蹴って
遊んでいたら、
「そんなの使うな!これを使え」って
1~2号球に砂の入ったボールを渡されましたw

沢村先生の尽力がなければW杯の新潟開催、ビッグスワンの建設、
アルビレックス新潟の誕生も無かったと
アルビの田村社長も仰っていますね。

人懐こい笑顔が印象的な方でしたね。
心よりご冥福をお祈りいたします。







今日、3月9日J3リーグが開幕しました
おめでとう、そしてここから上を目指して頑張って欲しいですね。

またこのJ3のリーグ戦にはJリーグU-22選抜が
エントリーされています。

これは、JFAの提案で各Jリーグに所属するU-22以下に選手が
スポット参戦でなく、リーグ戦を戦うようですね。
これは言わば全試合アウェイの厳しいリーグですね。

サテライトリーグが無くなったことで若手、さらに
将来日の丸を背負って戦うことを前提に
若手に実践機会を与えるチャンスを与え、
技術は勿論、試合展開や
メンタルの強化も考えているようですね。

BSスカパーでその注目試合の
FC琉球とJリーグ選抜U-22の試合を放送していて
どれだけ選抜チームが挑めるか期待していたんですが、
試合内容はやっぱりリーグを通じて戦っている琉球に
分がありましたね。
U-22はチームとしてより個人の技術の向上を
目指しているのかチームワークには
疑問が残った内容でしたね。
試合はFC琉球の貫禄勝ち!
でしたね。
元浪速のゴン、現琉球のゴンこと中山 悟志選手も35歳かぁ
で、ピッチに入ったときには武藤 敬司かと思ったよwwww


このU-22には選手権で名をはせた
小屋松、白崎、宮市(弟)などや
広島でスタメンの野津田など注目選手がセレクトされていますね。
J3 JリーグU-22召集選手
アルビからは小塚、川口、高聖、松原、武蔵の5人が
エントリーされていますね。

残念ながら今日の試合には召集はありませんでしたが、
いずれ召集されて、ピッチで存在感を出してくれるでしょう

このJ3には鳴尾監督のグルージャ盛岡
栗原圭介監督の福島UFC、秋田キャンプでお世話になった
ブラウビリッツ秋田など、アルビサポにも興味深いチームが
参戦していますね。

Jリーグ、日本のサッカーの底上げに存分に力を
発揮してほしいですね。








悔しいです

今シーズから名前をデンカビッグスワンスタジアム変えた聖地
DSCN2827.jpg
皆さん、写真に収めてますね。

前節3年振りに開幕戦を白星で飾ったアルビは、J1復帰を
果たしたG大阪を迎えホーム開幕を迎えました。

前半はほぼアルビペースといっていい様な内容で、
ハーフタイムに友人と
「このままのペースなら何とかなんじゃない」
って浮かれていました。
これってサポも慢心していたようですね。

正直,前半のガンバはJ2のプレースタイルで戦っていた
印象がありました。
家に帰ってスカパーの解説の川勝さんも
そんな印象があったんじゃないかな?

しかし、後半に入ると対人では敵わないと感じたガンバが
DFの裏を狙い始め、藤春へのロングボールに対応した
健太郎がファールを取られてガンバにFKを与えます。
これ、録画で確認したら普通のショルダーチャージでよね

で、この位置でFKを与えると怖いガチャピン遠藤が
タイミングよくあげたクロスに岩下が堅碁の裏へ走りこみ
先制されてしまいます。堅碁はボールしか見なく
走りこんだ岩下への対応も遅れてますね
FWだからしょうがないかな。
でも、ここでマークの確認を怠ったアルビのDF陣のミスでも
ありますね。

1点を先制され、何とか追いつきたいアルビは前半から走り回った
達也に代えて武蔵を投入、武蔵はサイドから何回か仕掛けるんですが
なかなか決定的な場面はありませんでしたね。

その後、アルビは堅碁に替えてホージェル、
ガンバは米倉に替えて大森。
ホージェルがピッチに入ると先週の仙台戦が蘇りますが、対人に対して
仕掛けるブラジル人と裏を突く歩レーに徹した日本人で
大森に軍配が上がりますね。
この2点目を取る前の大森の動きが天晴れでした。

なんとか点を奪いたいアルビでしたがバイタルまでいけるんですが
その後のイメージが無かった様な感じがしましたね。

まだ、開幕2戦目、悪いところは修正していけば必ず俺らに
勝利という美酒を与えてくれるでしょう(今日はヤケ酒ですがw)

で、ガンバへ行った東口が藤ヶ谷化しているようですが
そこがガンバクオリティですか←負け惜しみ








いよいよ明日、待ちに待った
デンカビッグスワン始動!
しますね。

先週のJ1リーグ開幕は遠足前の小学生が
修学旅行前の中学生の気分になっています←中2病かw

さて、ホームの開幕では各地で大物タレントやソチ五輪で
活躍した方々がオープニングセレモニーに参加していますが、
明日のアルビにも誰か来るのでしょうか?
個人的には超耕21ガッターとかササダンゴンとか
だと面白いけどねw
けど、主役は選手ですね

先週の仙台戦では2つアクシデントにも関わらず
アルビの目指すサッカーができてヤンツーさんも
ご満悦のようでしたが、ここはひとつ
『勝って兜の緒をしめてる』
ことで俺らに最高の幸せを与えて欲しいですね。

サポーター有志の方々ももっと盛り上げようと
オレンジバナーの掲示や新潟駅の連絡通路に恒例の
ポスター貼り、その中で目を引いたメッセージが
スクデット
いいですね。スクデット今年こそ取りましょう


相手のG大阪はJ1復帰戦を勝利で飾れなく、それが原因なのか
健太監督追突事故
監督がこれじゃ選手に示しがつかないでしょw

さて、これから前夜祭を祝い乾杯そして明日は
祝勝会で乾杯しましょう







昨日のNZ戦のあと、女子サッカーの
アルガルベカップが行われましたね。
今さっき、録画を見え終えてんですが
アメリカのオライリーとルルーのホットラインが
成熟してくると、かなり手強い相手になりそうですね。

前半からそのホットラインになでしこのDFが
裏を取られいて、有吉が前半からメグと交代しましね。

けど、向こうの決定力がいまいちだったこともあり
前半は0-0で折り返します。

後半に入って決定的な場面のリプレイを流している間に
なでしこ失点、そこはTBSクオリティですねw

その後川澄に代えて岩渕を投入して1点を追いかけますが
アメリカのペースで試合が進みなでしこは防戦一方でしたね

しかし、向こうのハンドで得たFKを職人・宮間が
逆風を物にせずに直接ゴールを狙うと、
GKソロの手を弾きゴールイン
なんとか1-1のドローで試合終了。

解説の川上直子さんが、チームが出来たばかりで
もっと連携を深める必要があるって言っていたけど
ほとんどがW杯からロンドン五輪にいた選手でよね
このメンバーは。

これからは、岩渕、田中明日菜、田中陽子などの
ヤングなでしこが澤や夢穂を脅かす存在にならないと、
これから先がやばいんじゃないのかな?

アルビサポとしては、DF登録のメグが本来の
中盤での使い方や、佳奈の出場も期待したいですね







今年の日本代表の初戦が最後の国立競技場で
ニュージーランド代表と行われましたね。

4-2で勝利でも内容が無いよ

前半はNZ代表の立ち上がりの悪さを突いて
岡崎が前半4分に相手DFの後ろから足を出して
日本先制し、その後も日本ペースで試合が進み
香川のペナルティエリアへドリブルでファールを誘い
PKをゲット。
キーパーに反応されていましたがなんとか決めて
日本2点目。
その後セットプレーを得て、本田のFKに
森重が頭で合わせて3点目、森重は代表初ゴールですね。

その後も攻撃の手を緩めないって言うか、NZの寄せが
甘く、前半17分に香川→本田→岡崎で4点目
これでほぼ試合が決まったかなって思ったけど、
サッカーに絶対は無いですね。
前半40分にNZにゴールを許して4-1
ここで前半終了。

後半はザック監督も色々と試したかったようで
高徳、清武、遠藤、萌をピッチに投入。
しかし、いまいちピリッとしませんでしたね。
まぁ3点リードの場面で慢心もあったかもしれませんね。
その慢心を突かれたのかNZに追加点を与えてしまいました。
そこで変化を与えようと豊田を投入しますが、
豊田の特徴を活かしきれずに試合終了
4-2で勝利はしたもののなにか物足りなかったですね。

堅碁の代表入りを期待はしているんですが
いまの4-5-1(4-2-3-1)だと使いどころが無いような
感じもしてきますね。
大迫との2トップで4-4-2だとフィットするんじゃないのかなって
思えるのは俺だけかな?

課題が本番前に見えるってことはまだまだ成長できるんじゃないかと
思うので、W杯本番までにはその不安を払拭してくれますよね?
ザックさん

今、なでしこJAPANが試合しているけど眠くなったので
この試合は明日,録画をみて感想を書きたいと思います。







開幕戦を白星で飾り幸先の良いスタートを切ったアルビですが
その中での争いは激しいものだと感じますね
藤田 征也選手 湘南ベルマーレへ期限付き移籍のお知らせ

寝耳に水とはまさにこの事のようですね。
確かに征也は出場機会が減り、本職のSHからSBへ
コンバートされ、しかしそのには本職のSBがいたので
なかなか試合には出れませんでしたよね。

これって湘南からのオファー何だろうなぁ・・・多分

でもこの時期にオファーがあるって事は向こうにも相当な事情が
あるんでしょうね。

征也本人もこの時期のオファーにはかなり悩んだと思いますが、
本人の意思を尊重して新天地で頑張って相南をJ1へ上げる
原動力となってほしいですね。

そして、レンタル終了した来期に恩返しのゴールを捧げて欲しいですね。







昨日、仙台へ駆けつけたみなさん。
お疲れ様でした。
3年ぶりの開幕戦勝利!

昨日は、長男の三送会があり、テレビ観戦も
出来なくて、しかも、3次会まで行ったもんだから
さっきやっと録画を見ました。

両チームとも序盤は様子を伺っている感じがあり、
なかなか、決定機を作れなかったようですね。

その前半で堅碁が負傷し、武蔵と交代してしまって
その具合が気になるところでしたが
だぶん大丈夫のようですね。

試合が動いたのは前半35分頃、マツケンの低いクロスを
角田のハンドを誘い、PK
それをレオシルバが冷静に決めてアルビ先制

後半に入ると、舞行龍がウイルソン?と接触して
脳震盪を起こしたようで、ピッチを後にします。
これはちょっと心配ですね。

さらに、6秒ルールで仙台に間接FKを与え
そのこぼれ球を富田に押し込まれて同点に
う~ん、あの場面で6秒取るのかなぁ

同点になった仙台はブロックを作って
アルビの攻撃を抑え始めたんですが、
達也に代わって入ったホージェルが値千金の2点目を
奪い、アルビの勝利

さぁ次はいよいよホーム開幕です、
またワクワクする1週間が始まりますね

このまま、連勝記録を伸ばしていきましょう