アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2018/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018/08

浦和レッズの鈴木啓太選手の引退試合が
スカパーで放送されたました。

その献身的なプレースタイルは
オシム監督から
”水を運ぶ者”
と表現されましたね。

そして、彼の人柄でしょうね、
引退試合には浦和のOBや代表OBが
集い引退試合に花を添えてくれましたね。

また違う形でピッチに帰って来ることを期待しています。
長い間、お疲れさまでした。


余談ですが、怪我でプレーできない石川直宏選手が
放送ブースで
「ピッチ外で水を運びます」の
コメントに
「流石、NSNでの対応を素晴らしかった」
とのクラッキーの返しがツボでした。




2015年のj1リーグはサンフレッチェ広島の
年間1位が確定しました。
これで、浦和レッズとガンバ大阪の勝者と
チャンピオンシップを戦い、今シーズンの優勝チームが
決まるようです。

これってやっぱり変なシステムですね。

仮にガンバ大阪が浦和、広島を破り優勝しても
違和感しか残りませんね。

今日、J2、J3と白熱した戦いが行われました。

まず、J3の優勝争いはレノファ山口と町田ゼルビア。
レノファ山口はガイナレーレ鳥取と
町田ゼルビアは長野パルセイロとの試合。

レノファは鳥取に先制を許し、追加点を決められて
レノファの大ピンチ

そのころ町田はパルセイロに先制されて
厳しい試合展開。
しかし、その後追いつき、
1-1のドローで試合終了。

ここで、山口が敗退の誤報で一瞬喜んだ
ゼルビアでしたが、なんとATの最後にレノファが追いつき
J3優勝、J2への自動昇格を果たしました。

そして、J2はジュビロ磐田とアビスパ福岡の自動昇格争い。
勝ち点では並んでいるけど、得失点でジュビロがやや有利だったのかな。
福岡は勝利で尚且つジュビロの引き分け以下が条件でした。

福岡の相手はFC岐阜。
先制は城後のゴールで福岡、
ジュビロは大分の守備をなかなか崩すことができませんでした。

しかし、後半にジュビロ先制の知らせが届きました。
それでも勝利をあきらめない福岡でしたが、
レオミネイロに同点ゴールを決められます。

福岡のあきらめない姿勢がその後に爆発します。
ウエリントン、城後、ウエリントンと連続ゴールで
4得点!
これでこの試合の勝利は決まったようですね。

一方、ジュビロは90分に大分、パウリーニョのゴールで
追いつかれますが、その1分後、小林 祐希がゴールを決めて勝利を
ものにしました。

こんなドラマチックな展開はやっぱり面白いですね。
この結果、J2の入れ替え戦は大分vs町田に決まりました。

このドランチックな展開はやはりシーズンを通して戦った結果じゃないでしょうか。
当該サポじゃない方々もその結果の行方に一喜一憂したみたいです。

やっぱり、年間を通して結果を出す方が面白いと再確認できました。

鳥取で見ていた村井チェアマンはどう感じたんでしょうか?

これを金儲けにしようとかんがえたのかな?


昨日のナビスコカップの決勝戦。
試合終始、鹿島のペースで進んで、
防戦一方のガンバでしたね。

ガンバの選手たちが完全に受け手にまわり
鹿島の選手に翻弄されていました。

鹿島もガンバの核のとなるパトリックに対して
執拗なマークで自由にさせませんでした。

そこの差が後半に出ましたね。

けど、試合後の
監督が名指しで言っちゃいけないな

完全な誤審があった訳じゃないのに、
名指しで責任転嫁。
それ以前にガンバの選手に勝ちに行く姿勢がなかったんだけどねぇ

けど、ここで名前が挙がるってことはすくなくとも
長谷川健太監督にはいい印象がないんでしょうね。

審判のリスペクトのワッペンが泣いているね。







昨日の清水vs鹿島の試合。

荒れたねぇ

まず、夢生のシュートブロック。

犬飼は完全に手でブロックしていますね。

マッチデーハイライトでのレフリー座談会でも取り上げていたけど、
あの場面では手を伸ばしてブロックしていますね。

決定機阻止でレッドカードだな。

そのあと、遠藤のゴールは完全にラインを割っていないけど
ゴールインの判定でバランスとったのかな?

主審の佐○隆○さん、あれでもプロフェッショナルレフリーなんですねw

おととしの浦和ー鹿島戦でもトニーニョセレーゾに猛抗議を受けてたんじゃないかな?
(興梠のヘッドがオフサイドだった)
このときは上川さん、誤審を認めています。

相撲の行司さんは脇差付けているんですが、
判定が違うと切腹する覚悟だそうです。

Jリーグの試合を裁く、仮にもプロの審判なら
それぐらいの覚悟をもって試合をコントロールしてほしいですね。

試合後にはマッチコミッショナーと反省会が行われるそうですが、
審判委員会でも誤審があったレフリーにはイエローカードやレッドカードの基準を決めて、
罰則規定を設けて欲しいですね。
もしくは、報酬の減俸とかね(Jリーグの審判報酬は12万円/一試合だそうです)









昨年、アイス・バケツ・チャレンジで
その病名が知れ渡ることとなった難病の
筋萎縮性側索硬化症(ALS)。

その研究に研究を支援することからアイス・バケツ・チャレンジが
始まり、各国の著名人やアスリートが参加していました。

Jリーグでも、キング・カズやFC岐阜のラモス監督が
これに参加していましたね。

そのラモス監督が率いる
FC岐阜の社長さんが・・・

現代の医学が進んでいても効果的な治療法が無い難病だったなんて・・・

しかし、この社長さんのクラブを愛する気持ちがこもった
コメントに感銘を受けました。

アルビサポの俺が言うのもおこがましいですが、
その症状が少しでも良くなるような治療法が早く見つかると
いいですね。