FC2ブログ
 アルビの事とか 日々の事とか 書いてます

2018/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2019/02

2019年のアルビレックス新潟が始動しました!
1月10日に行われた新体制記者会見。



野澤、ヨンチョルというアルビレジェンドと人加入のブラジル人の6人
さらにこれからのアルビを背負う若武者たち
これはワクワクしますね。
そこで発表された今年のスローガン
2019-logo.png
さぁ突っ走ってもらいましょう!

12日には激励会。
FBのLIVEで見たけど凄くいい雰囲気でしたね。
アルビサポで有名な阪口 大助氏と勲コーチのトークショー
のざワクワク
はやかワクワク
おがワクワクとワクワクが一杯溢れ
ゴメスと泰基の潰しあい
巨人のシャトラン
史哉のhappybirthday
それをまとめる平ちゃん
と盛沢山でした。

明日から高知キャンプへの移動となりますね。
ただ、今年は陸路(バス移動)となるようですね。
これが5億削減の現実ですね。
しかし、これで一段とタフになることを期待したいですね。
30年前の国見高校みたいだけどね









昨日、是永新社長の就任会見が行われました。
そこで、アルビがこれから進んでいくための道標が発表されましたね。

1つ目・ありがとうの数を増やすことでクラブの価値を高める。
これは大事なことですね。感謝の気持ちってお互いをリスペクトする一番の
要因だと思います。

2つ目・機運を高める。
右肩上がりできたクラブの成長曲線が下降して、クラブライセンスの剥奪が迫ってきている
状態だけど、ムーブメントを起こすことで再度、上昇したい。
今は社長自ら新聞やメディアに登場しているが、選手達のメディア出演等で情報発信をしたい。

3つ目・J1昇格のためのチーム編成。
今現在進行形ですすめていて、公式発表を待て。

4つ目・育成からの取り組み
100年後を見据えたクラブを作るため、アカデミーに育成にメゾット部門を新設。
スペインのサッカーサービス謝との提携により、バルサを見本として
カンテラからトップで活躍する選手を育成する。
バルサのサッカーの真似ではなくアルビのサッカーで進めていく。

5つ目・モバアルの改編
新しいクラブ発信のコンテンツとして行う。

6つ目・取締役2名の就任
役員人事のお知らせ
にあったお二人の参画により、首都圏でのパートナー企業を募る、首都圏でのアルビレックスの存在価値を高めることで
アルビの知名度を全国区にする。加藤氏、森田氏の持つ今のアルビにはない知見によりもっとおワクワクさせる
アルビレックスを作りたい

7つ目・海外クラブとの試み
インバウンドを含めで新潟県、新潟市との連携し
より多くの外国人の方をサッカーを通じて新潟の良さをアピールしてもらう。
第1歩としてシンガポールとのクラブと提携を進めている。
サービスの提供を対価として行う。

記者さんとの質問の回答のあとに

これ

これ
の宣伝w←これが目的だったんじゃね?




前回のエントリーでアルビの動向を懸念していたけど、
今週に入って徐々に動きがありました。
17日のサチロー契約更新!から
18日はターレス  ヘイス  ムリャーラ
のブラジル人の契約満了。
うーむ、ヘイスは何しに来た?
そして今日は大とゴメスの契約更新!
この二人には今シーズンの悔しさをバネに来季の活躍を期待したいですね。


さらに期待したいのはこの記事!!!
明日、20日には是永専務の大風呂敷
アルビの将来が発表されるようですね。

さぁ来季のJ1昇格に向けての準備を進めていきましょう!





最終節から一か月が過ぎようとしています。
毎年、この時期は移籍動向が気になりますが、
選手ではカンペ―さんヤス
の計約満了とトレーナーさんの契約満了のお知らせだけですね。

新聞では小川選手が残留表明していましたが、
オフィシャルでの発表はまだですね。

とこアルDXで是永専務が来季に向けての準備をして、手ごたえを感じてると
おっしゃっていたので年の瀬から年明けに怒涛の契約ラッシュが来るんでしょうか?

はやく、安心して年を越えたいですね。







昨日のレノファ山口戦にて
アルビレックス新潟の2018シーズンが終了しました。

0-2の敗戦…

大の前節4枚目のイエローカードで
ボランチにサチロー、凌磨がサイドハーフに
はいったど、そこが狙われてたね。

今シーズンを象徴するような失点で先制されて、
後半の入り方も集中力がなくあっさり追加点。
これ、今年何回も見たシーンでしたね。

来季の監督は片淵さんの続投が決まったけど、
選手やコーチの人事はまだですね。

今年の経験を糧にして、来期はいい準備して
J1昇格をはたしてほしいですね。